◇2022年度第01回北海道研究会プログラム

  • 日時 2022年7月9日(土)13:10開会(ミーティング入室は13:00より)
  • 開催方法および参加方法について
    • Zoomによるオンライン開催となります(一般聴講歓迎)
    • 参加を希望される方は、7月3日(日)24時までに北海道支部事務局までその旨ご連絡ください。参加者として事前登録したうえで、資料や接続方法についてご連絡します。
    • 可能な方はカメラをオンにしてご参加くださいますようお願いします。

〈開会の辞〉  種田 和加子(藤女子大学

■研究発表 13:15-14:45
有島武郎「死と其前後」論―大正期のメーテルリンク受容との関連から―
中村 建(北海道大学大学院文学院)司会 梶谷 崇(北海道科学大学

彷徨する言説―再考・近代と女性―
横田 肇(星槎道都大学司会 齊田 春菜(北海道大学大学院文学院)

<休憩>

■名著読解講座(第18回) 15:00-15:45
堀まどか『野口米次郎と「神秘」なる日本』(和泉書院、2021年)
秋元 裕子(北海学園大学非常勤講師)司会 飛ヶ谷 美穂子

〈閉会の辞〉  梶谷 崇(支部長、北海道科学大学


→発表要旨は「続きを読む」をクリック

続きを読む

◇2022年度第01回北海道研究会発表者募集

【2022年度第01回北海道研究会の予告】
2022年度第01回北海道研究会を以下の要領で開催する予定です。多数のご参加をお待ちしております。なお、新型コロナウィルスの影響により、この研究会はオンラインでの開催を予定しております。

  • 開催日 2022年7月9日(土)
  • オンラインでの開催

【研究発表者募集】

  • 第01回北海道研究会での発表者を募集致します。発表を希望される方は、氏名、住所・連絡先(メールアドレス)、所属、発表タイトル、発表要旨(800字程度)を支部事務局までお知らせください。支部役員会で選考し、採否を決定致します。なお、支部事務局のメールアドレスについては右のプロフィール欄に記載しております。応募に際し、ご不明な点等ございましたら、支部事務局までお問合せください。
  • 発表時間は1人につき45分(発表30分、質疑応答15分)を予定
    • 募集内容
      • 研究発表 若干名
    • 応募締切 2022年6月10日(金)

◇2021年度北海道・東北支部第6回比較文学研究会の発表資料につきまして

※27日、溝渕さんの資料を変更しております。

2022年3月27日(日)に開催されます、北海道・東北支部第6回比較文学研究会に関してですが、Googleフォームから参加をお申しみの方には、Zoom接続URL・接続パスワード・資料ダウンロード用Dropbox(下記)のパスワード、以上3点をメールにてお送りしています。ご確認ください。メールが届いていない・資料が開けないなど何か不都合がありましたら、東北支部事務局(masato.nihei.d6☆tohoku.ac.jp ※☆を@に変えてください)まで個別にご連絡願います。

なお、当日会場に来場の方には印刷した資料を配布する予定です。数に限りがございますので、来場予定の方は、こちらも東北支部事務局までご一報ください。

参加申し込みにつきましても、前日まで受け付けておりますので、ご興味ある方は今からでもお申し込みいただけます。

発表資料については、以下のリンクより閲覧およびダウンロードが可能です。お送りしましたパスワードをお使いください。

※なお、ソロモン・ジョシュア・リー氏はスライド発表を予定しているため、こちらに資料は掲載しておりません。

www.dropbox.com

 

 

 

◇2021年度北海道・東北支部第6回比較文学研究会プログラム

  • 日時 2022年3月27日(日)12:30開会(ミーティング入室は12:15より)
  • 開催方法および参加方法について
    • 会場と、オンライン会議用ソフト「Zoom」を使用したオンラインでの開催を併用する形式で行います。会場、オンラインいずれの参加でも、全ての発表を聞くことができます(プログラム中の「会場での発表」「オンラインでの発表」とは、発表者が用いる方式のことを指しています)

f:id:jcla_do:20220224160810j:plain

〈開会の辞〉  梶谷 崇(北海道支部長、北海道科学大学

■研究発表 12:35-13:20
谷川俊太郎の英訳併録詩集―『メランコリーの川下り』と『minimal』をめぐって―
中村 三春(北海道大学司会 井上 貴翔(北海道医療大学※オンラインでの発表

■特集 北方体験とその表象―シベリア・サハリン・満州― 13:20-16:35
司会 中村 唯史(京都大学
コメンテーター 天野 尚樹(ゲスト 山形大学

村上春樹ねじまき鳥クロニクル』における満州・シベリア
大野 建(北海道大学大学院)※会場での発表

マイナー文学者高木恭造が表象する満洲―エコクリティシズムの観点から―
SOLOMON JOSHUA LEE(弘前大学※オンラインでの発表

<休憩> 14:15-14:25

ドゥシェグープカの記憶——長谷川四郎『シベリヤ物語』と戦後日本
村田 裕和(北海道教育大学旭川校※会場での発表

日本新聞』とロシア・ソビエト文学―シベリア抑留者の文学空間―
溝渕 園子(広島大学※オンラインでの発表

コメント+ディスカッション

〈閉会の辞〉   森田 直子(東北支部長、東北大学

■北海道支部総会 16:45〜

→発表要旨は「続きを読む」をクリック

続きを読む